1000万の個人事業主 IT系のデメリット

年収1000万を稼ぐ個人事業主 IT系エンジニアは、高いスキルと多くのクライアントを抱えていることが強みです。会社勤めをしている頃に設計やプロジェクト管理などを手掛けていた人は、稼ぐ手段を心得ているものです。その反面、幾つかのデメリットも抱えています。

この年収1000万というのは、収入が減った時の備えも含まれたものです。いつまでも安定した仕事を得られる保証は無いので、少しでも稼いでおく必要があるわけです。また、雑務が増えることもデメリットです。会社勤めをしている頃は、仕事を確保したり経理のことに悩まされることは無いものです。

けれども個人事業主 IT系エンジニアは全てを1人で行わなければなりません。仕事の確保も常に営業をかけておく必要がありますし、確定申告なども行います。やる事が多いために、時には休みを取る暇すらなくなります。仕事が重なる時には特に、仕事にかける時間が増えますし休息ふる暇すら無いこともあるでしょう。かといって健康にも留意しなければ、体を壊してしまいます。

フリーのエンジニアは自らの体が資本なので、病気や怪我で仕事ができなくなると収入を得られないわけです。そのバランスをどう取るのかも課題になりますし、余計な気苦労をする点でデメリットと言えます。それでも技術者として仕事に取り組めることに満足する人は多いものです。企業ではエンジニアの定年は早いので、好きな仕事に携われることはメリットと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です