個人事業主で1000万円を稼げるのか

個人事業主で1000万円を稼ぐことは可能でしょうか。結論から言えば十分に個人でも大金を稼ぐことは可能です。派遣社員などでSEなどIT系の仕事をしている人は月に50万や60万円を稼ぐことも珍しく無いでしょう。派遣の場合は派遣会社が仲介に入っているので、実際に労働者のために会社が用意している金額はその2倍以上になるとも言われます。つまり50万や60万もらっていても、仲介会社がいなければそれは月に100万円にもなっているケースも有るのです。

そのような派遣会社の仲介がない状態で、自分が直接会社から仕事を依頼されるようにすれば、個人事業主でも大台と言われる1000万円の年収を得られることになるのです。むしろ一般のサラリーマンと比較すると、個人で働いている人はいろいろな後ろ盾がありません。保険の面でも不利ですし各種の福利厚生も当然ありません。むしろ1000万円を稼ぐところがスタートラインと言えるでしょう。

さらにたまたま高報酬の仕事が入ってきても、その仕事がいつまでも持続をするとは限りません。単発の仕事で不安定な収入では落ち着いて技術を身につけることも難しくなります。そのための一つの手段としては仕事をもらったクライアントに継続的に仕事がもらえるように、クオリティの高い仕事を提供するという手段があります。

そして安定的に仕事を得られるように営業努力を怠らないことも必要です。ネット上のクラウドソーシングサイトやSNSを利用すると、仕事を探すのも手間がかからず、実用的な仕事探しができます。
個人事業主で高額案件を獲得し、高額年収を稼げるエンジニアになるコツは、こちらの《年収1000万を狙え!》というサイト内に情報が網羅されていましたので共有します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です